見積もりが大事な太陽光発電

大きな買い物をするときには、事前に見積もりを出してもらうのが鉄則と言ってもいいでしょう。
ということですから、太陽光発電だって見積もりを出してもらわなくてはならないと思います。
特に、太陽光発電の場合は、いろいろなところから補助金が出ているではありませんか。
国から、都道府県から、市区町村からというように、最大で3か所から補助金をもらうことができるんです。
しかし、問題は、補助金を計算するのが大変だということではないでしょうか。
自分で計算できる人もいるでしょうけれども、補助金について書いてあるパンフレットだとかホームページだとかを見て、計算しようと思ったけれども、そもそも書いてある内容がなかなか分かりづらかったりもするものです。
一律でいくら出すということではなく、たいていの場合は、発電量によって補助金の額が決まるみたいなんです。
そうなると、自分で計算したくてもなかなか難しいでしょうから、施工業者に見積もりを依頼したほうがいいと思います。
施工業者は、補助金について詳しい知識がありますから、ちゃんと計算してもらえるんです。
見積もりを提示するときには、補助金のことまで考えてくれているでしょう。
ソーラーパネルの代金や設置費用とは別に補助金はどれくらい出るのかまで説明してもらって、結局、自己負担はどれくらいになるのかを言ってもらえるはずです。
また、設置した後に、どれくらい発電できるのかまで説明してもらえることもあるでしょう。
できれば、発電量についての説明までしてもらってください。
売電についての説明もしてもらえると、どれくらい毎月電気を売ることができるのかもわかりますし、いつくらいに元が取れるのかもわかると思います。
ただ見積もりを出してもらうだけではなく、補助金の説明をしてもらったり、発電量や売電についても聞いておけば、設置した後に説明と違った場合に問い合わせて対処してもらうこともできるでしょう。

get( 'keyword', 2 ) ?>
get( 'comment', 2 ) ?>