どうやって発電するのか

なぜ、太陽光発電は効率が悪いのかについては、どうやって発電しているのかを知ると、よくわかるんじゃないかって思います。
火力発電や原子力発電など、他の発電方法の場合は、タービンを回して発電します。
熱を使ってタービンを回したり、風の力でタービンを回したりするんです。
タービンは日本語で言うと発電機なので、通常、発電する場合は、タービンが必要なんですが、太陽光発電は違います。
一体、何が違うのかというと、ソーラーパネルを設置して発電するのはわかると思いますが、ソーラーパネルでどうやって発電しているのかということはわかりますか。
ソーラーパネルに太陽光が当たると、プラスの電荷をもった正孔とマイナスの電荷をもった電子が発生するんです。
プラスとマイナスで、別々の場所に集まります。
電池を思い浮かべてみてください。
電池には、プラスとマイナスがあるじゃないですか。
プラスとマイナスにわかれると、電位差が生まれて、電気が流れるようになるんです。
ちょっと難しいと感じるかもしれませんが、他の発電方法とはずいぶんと違っているということはわかってもらえたんじゃないでしょうか。
だから、音も静かなんです。
ただし、こうしてできた電流は直流なので、そのまま家で使いたくても使うことはできません。
そこで、太陽光発電でできた直流の電気を私たちの家で使えるように交流の電気に変えるわけです。
パワーコンディショナーという機器で変えることができます。
もちろん、太陽光発電を導入するときに、パワーコンディショナーも設置してもらえます。
太陽光発電の仕組みは、ちょっと難しいかもしれません。
他の発電方法とはかなり違うからこそ、一般住宅にソーラーパネルを設置して、個人で導入することが可能だということです。
クリーンエネルギーで、音が出ないということですから、どんどんソーラーパネルを設置する住宅が増えていくと、日本の電力事情がかなりよくなっていくんじゃないでしょうか。

get( 'keyword', 8 ) ?>
get( 'comment', 8 ) ?>