名古屋市というのは、とても太陽光発電には恵まれたところです。null
実は、全国的に見ても、太陽光発電システムを設置した場合、その発電量が多いところなのです。
約4キロワットの太陽光発電システムを、真南で角度は水平から30度のところに設置をします。
そうすると、名古屋市では、年間4522キロワット時の発電量が見込めます。
ちなみに、東京では4123キロワット時、大阪でも4312キロワットとなっており、ぜんk奥では瀬戸内海地方に次いで、発電量が多く見込めるところです。
そんな名古屋市ですから、太陽光発電システムの設置に関しても、積極的に補助をしています。
その名称は「名古屋市住宅用太陽光発電設備設置費補助事業」と言います。
ではまず、「名古屋市住宅用太陽光発電設備設置費補助事業」の応募資格を見てみましょう。
市内の住宅に、対象となる太陽光発電システムを設置する個人または法人になります。
名古屋市に住んでいることが条件で、転居予定の方でも補助金を受けることができます。
法人の場合には、市内に登記上の本店や事務所があることが条件となります。
マンションの管理組合も補助金の対象となります。
ここで気をつけないといけないのは、タイミングです。
新たに太陽光発電システムを設置する場合には、工事開始前に申請をしないといけません。
もし建売住宅の場合には、引渡し前に申請をすることが求められます。
対象となる太陽光発電システムは、最大で10キロワット未満の発電出力です。
また、1キロワットあたりの経費が600000円以下の太陽光発電システムでなければいけません。
1キロワットあたりの相場は550000円といわれていますので、過度に経費が高いのは、補助の対象とならない、ということです。
太陽電池モジュールのほか、架台やパワーコンディショナー、そして工事費用が補助の対象となります。
そして気になる補助金ですが、1キロワットあたり20000円です。

get( 'keyword', 7 ) ?>
get( 'comment', 7 ) ?>

Posted in 愛知の補助金
admin