再生可能エネルギーの代表格で電力の買取制度も導入され、一般の家庭でも設置が増えているのが太陽光発電です。
しかし、日本の一般的な家の屋根は様々な形をしていて、各屋根によって発電量は異なってきます。
発電量は設備の費用と買取電力量での発電シミュレーションによる損益に関わってくるので、非常に重要になります。
そこで最適な設置を検討してみます。
理想的な設置条件は真南で勾配30度の屋根の全面に太陽電池モジュールを設置できることです。
しかし、屋根の形状によっては分割で設置する場合がでてきますが、その場合は発電量が低下してしまいます。
できれば同一面で同一勾配の屋根に設置したい。
さらに屋根の方向が真南ということですが、こればかりは、住宅事情もありますから、難しいことでしょうが、設置業者がこのコトを考慮して設置してくれれば、発電量に関わってきます。
それは理想勾配30度にもいえることです。
住宅事情でいえば、お隣りに大型建造物や木、電柱、送電線などあれば、その影も大きな影響を受けます。
家の周りで影響を及ぼすものが無いことが理想です。
次に発電量に影響するのが使用する電池パネルの種類によって発電効率が異なってきます。
原材料の種類や構造によって変換効率が大きく変わってくるので、その費用と変換率の関係をじっくり考慮して商品を選ばないといけません。
商品を熟考して選択したら、その後のアフターも大事になります。
太陽電池ガラスの表面の汚れなどでも発電量がロスするので、設置後の手入れも大事になってきます。

get( 'keyword', 1 ) ?>
get( 'comment', 1 ) ?>

admin